格安航空券 & 海外旅行

元司法書士、土地家屋調査士補助者日記

法律ネタのデフレスパイラル。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産の売買決済の立会い業務は、司法書士の主要業務の一つです。所有権移転登記に必要な書類が整った事を
専門家である司法書士が確認することで、安心して、その後の売買代金の支払い、不動産の引渡が行われるという事です。
そういうわけで、大体は司法書士主導で行われます。

 不動産の代金は高額になる事が多いので、金融機関から融資を受けて支払う場合も多く、
その場合は銀行で決済をするのですが、司法書士の報酬も含めて作業してもらう場合は、
必要書類は整ってるのに、司法書士も待ってないといけないという事態が発生します
(登録免許税分も合わせてもらうので、そういう意味では登記に必要なものがそろってないとも言えるけど)

 で、この融資実行の処理に結構時間がかかるんですよねえ。なのでその「間」を埋めないといけないんですが
(いや、別に埋めなきゃいけないわけじゃないけど、一言も発せず黙って待つというのもねえ)
当然売主、買主に面識ない場合がほとんどで、しかも、不動産の所有者は高齢者の事が多くて、
住宅建てるための土地購入だと買主は若い事が多くて、両者共通の話題を探すのが難しい。

 そんな時、頼りになるのが宅建業者さん。ほとんど仲介に宅建業者さんが入るので、決済にも来てくれます。
やはり人生経験豊富で百戦錬磨の方が多くて、そういう場をつなぐのは本当にうまい。
私もそういった事が出来る人間になりたいんですが、いかんせん、登記を早く確実に出したいってのがあるんで、
待ってる間も気が気でないんですよねえ。早くもっと余裕や貫禄のある司法書士になりたいっす。

 あ。それと。報酬を現金でもらう事が多いんですけど、銀行員さんがやるみたいにお札を扇型に広げて、
ぱーっと数えてみたいんですが、全く出来ないので、関係者が見守る中、一枚一枚ゆっくり数えてます。
ちょっとかっこ悪い気がするんで、もっとスマートにお金数えれるようになりたいんですが、
やっぱテクニックいるんですかね。あれ。

 以上、研修等ではおそらく話さないであろう立会業務の苦労点でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://libero10.blog21.fc2.com/tb.php/723-372f3243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。