格安航空券 & 海外旅行

元司法書士、土地家屋調査士補助者日記

法律ネタのデフレスパイラル。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事訴訟において上告すべき裁判所が最高裁の場合は「上告受理の申立て」をします。

最高裁も忙しくて、重要じゃない事件までなんでもかんでも受けてたら手が回らないので
まず受理申立てをしてよ。で、まずは最高裁で判断するほどの事か考えてから受理するか決めるからさ。という事です。

受理するかどうかは最高裁の判断次第なので、自分の所で判断したいと思えば受理するし、
判断の必要なしと思えば受理しない。
実際は受理されない事のほうが多いようですが、逆に言うと最高裁が上告を受理する(口頭弁論期日を指定する)という事は、
控訴審判決が変更される可能性が高いという事です。

そう。最高裁にとって上告を「受ける」という事は大変な事なのです。


小森純オフィシャルブログ「こんちくわ〜♪」
チョーうけるなって思って(≧∀≦)


mmr04

ギャルが言う「ウケる」には実は重要な意味があったのかー!

はいはい。却下、却下。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://libero10.blog21.fc2.com/tb.php/730-7bd99ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。